2017年4月22日土曜日

出会いに感謝🌸ありがとうございました!

桜の開花と共に春の訪れを感じ、だんだんとはじまりの春に相応しい気候になってきましたね。

10年近く続けたヨガのお仕事をおやすみするにあたり、本当にたくさんの皆さまからはなむけの言葉を頂きました。その言葉ひとつひとつを読み進めていると、自分自身のセルフイメージとは別の「わたし」が存在していたような気がしています。
そして、それぞれの方が、ヨガの実践の中で私と同じような経験をされていることに気がつきました。私は生徒さん達と知り合えたことを本当に幸せだと思っていて、また生徒さん達も私との出会いを幸せだと感じてくれている、想いは共鳴し、引き寄せ合うんだなあと、しみじみ感じています。

ヨガの実践のメリットは、身体の健康はもちろんのこと、「こうなったらいいな」という自分の想いと未来を繋いでいけることです。それは、がむしゃらに目標を目指すのではなく、日々の生活を楽しんでいて、ふと振り返ると以前よりももっと素敵な自分になっていたことに気が付く感じです。

私は、文化や歴史的な部分も含め、単に体操やポーズにとどまらないヨガの奥深さに魅かれてきました。その過程で得られたものは本当に大きく、それは今後も続いていきます。
そして、未完成なりに今の自分を受け入れられるようになり、「幸せだなあ」と感じることが増え、日々の暮らしに満足できるようになりました。

人間も人生も全体はとらえ難く、知ろうとすればするほど訳がわからなくなるものですが、自分で考えているよりずっと素晴らしいものだと信じています。みなさまにたくさんの恩恵がありますように、愛を込めて。


またお会いできる日を楽しみに
出会いに感謝♡ありがとうございました!

2017年4月4日火曜日

桜もうすぐ満開🌸春のおさんぽ

4月がはじまりました。

友人おすすめの、奥沢にある「九品仏浄真寺」に行ってきました。
九品仏は「くほんぶつ」と読みます。広々とした境内には、古い銀杏やカヤの大木、9体の阿弥陀如来像。平日でも参拝者は多くて、親しまれているお寺なんだなあと思いました。静けさの中で、最近深呼吸を忘れていたことに気がつきました。











本堂のとなりの桜は五分咲きくらい。

帰りは自由が丘まで歩いて、気になっていたパンケーキのお店「FLIPPER'S」でイチゴのパンケーキ♡ふわふわで美味しかった♡
並んで待った甲斐がありました〜



4月から、転職や家族の転勤なとで新しい環境に向かう友人たちと報告をかねて会う機会が多かった3月。
今までしていたことから、さっと離れて新しい場所に向かう潔さ。そういう身の軽さって、自分の望む方向への最短距離で連れて行ってくれるように思います。
私もこれからの新しい生活にわくわくしていたいのですが、やっぱり不安や心配も同じくらいあり。自分の抱く想いと共に人生は進んでいくと信じたいと思います。

2017年3月31日金曜日

レッスン最終回☆ありがとうございました

本日3月最終日、桜も開花のはじまり🌸
立川ヨガホームと会員制施設のレッスンなど、今週それぞれ最終回を迎えました。
今まで参加してくださったみなさま、温かい言葉をかけて頂いたみなさま、本当にありがとうございました。



生徒さんから頂いたお花🌼
メッセージやお手紙も、ひとつひとつ大切に読ませて頂いています!

今の自分のいる環境に100%満足している人は、なかなかいないですよね。良いこともあれば、悪いこともあるのが生きることです。
その中に学びがたくさんあって、困難や辛い経験は、人間を深くしてくれます

ここで思い出した、ヘッセの言葉

あなたの苦しみを愛しなさい。それに抵抗しないこと、それから逃げないこと。苦しいのは、あなたが逃げているからです。それだけです。

「ある意味あきらめている姿勢、が生きるのを楽にする」私のヨガの先生の言葉です。最近つくづくそうだなあと思うのです。それは放棄しているということではなく、自分の人生をまるごと受け入れるということ。



スパゲティナポリタン。
王道の料理をお家で美味しくつくるのって意外に難しいです。お塩とケチャップ、少々のお醤油の割合と材料の火の通し方を工夫して、繰り返し作ってやっと「美味しい!」レベルになりました。

藍色の染付けのお皿は、長崎の波佐見焼の窯元を訪れた時に買ったお気に入り、白山陶器のものです。デザインも美しく実用的で、もっとたくさん買うべきだったなあと後悔。東京でも売っていますが、窯元の方が全然安いですから。

2017年3月25日土曜日

今後のスケジュールのお知らせ②

ヨガスタジオラポール日暮里・錦糸町・大宮各店のレギュラークラスは
4/16(日)まで通常通り、担当いたします。

スケジュールはコチラから
ご確認ください

代行のお知らせ

3/30(木)19:15〜 はじめてヨガ 錦糸町スタジオ→代行します
4/8(土)10:30〜 やさしいヨガ 錦糸町スタジオ→代行になります

スケジュールはコチラから



おやすみに入るまで残り3週間あまり。
長年のお付き合いになる生徒さんも多くて、さみしい気持ちでいっぱいです。
わたしはヨガのお仕事が大好きで、たぶん人生で一番、情熱と熱意を捧げてきました。
「働く」ということにとどまらない貴重なものを、たくさんの生徒さんから頂きました。
約10年近く、そのような環境にいられたことと関わってきた全ての方に感謝の気持ちがあふれます。今が幸せだと思えるので今後もきっとわたしらしくつながっていくと思います。

ご都合あえば、ぜひ
レッスンでお待ちしていますヾ(*´∀`*)ノ

☆おまけ
今朝たまたま、混雑した電車で痴漢をしたらしい男性を取押える現場に遭遇しました。抵抗して逃げようとする加害者らしきガッチリした男性を、数人の男性が逃すまいとしていて、駅員さんが駆けつけるまでホームは騒然としていました。

最近はスマホの画面に夢中で、下を向いたまま周りに無関心?のような人をよく見かけると悲しくなります。
知らない人に無関心でいないことと、目の前の人に手を差し伸べることはとても大切だとあらためて感じました。ちょっとした親切や優しさって、どんどん拡大していくと思うし、いずれ自分の元にブーメランのように戻ってきます。

わたしのヨガの先生は、30年以上インドやタイで生活されていて、外側から見る日本は、モラルの基準が非常に高い国だそうです。そして、そんな自分達の国民性や自国の文化を世界に向けもっと発信すべきだと。
インドの方は、自分がインド人であることにとても誇りを持っています。自信満々なんですね(笑)。見習いたいなあと思います。



2017年3月24日金曜日

愛すべき椿油、そして日々のこと

わたしはオイルが大好き、用途や身体の部位、体調や季節に応じて数種類のオイルを使い分けていて、セルフケアに欠かせません。

高価な化粧品をいくつも揃えるより、保湿力、抗酸化力の高い植物オイルが1本あるだけで充分です。

わたしの肌質に一番合っているのが、昔から日本で使われてきた「椿油」です。



奥は大島椿、手前は京都祇園のかづら清老舗のもの、もちろん溶剤抽出ではなく、昔ながらの圧搾法で製油された純粋つばき油です。

成分の9割近くが、人の皮脂成分に近い「オレイン酸」で、高い保湿力で髪や肌を保護してくれます。椿油はお相撲さんの鬢付け油のイメージがあるかもしれませんが、匂いはほとんどなく、わたしは主にスキンケアに使っていて、肌の柔軟性と弾力が増したように感じます。どのオイルもそうですが、使う量はほんの少しで大丈夫、この椿油1本で半年〜一年位は使えますし、酸化しにくい油なので2年位は保存できます。

昔、祖父母の家に椿の木があって、美しい花が咲いてそのままぽとっと地面に落ちたのを拾い集めて遊んだり、秋には硬い茶褐色の椿の実を集めて大切にしまっておいたりしました。(椿油は、この種子から抽出されます。)
椿油はそんな懐かしい気持ちも思い出させてくれます。

わたしの子供の頃はゲームやオモチャなんかより、自然が遊び相手で、何にもないけど全く退屈することはなかったし、大きな空や雲や樹木など自然にあるものに、心と情緒を育ててもらったと思います。
振り返ると、季節の移り変わりを身体で感じていたその頃がとても大切な時間でした。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

住み慣れた阿佐ヶ谷での暮らしもあとわずか。今日は近くに住むお友達と百瀬食堂さんで健康ランチをしてきました。
わたしはずっと中央線で暮らしてきて、このなんとも緩〜い感じが大好きでした。友達が、また別の友達を連れてきて、そのみんなでまた別の知り合いのお店に行って、いつの間にか大勢で朝まで遊んで、なんてことも多くって本当に楽しかった。人のつながりは何よりの宝ものです。





2017年3月23日木曜日

立川ヨガホームで一周年記念のパーティー

立川ヨガホームでオープン一周年記念のパーティーがありました。先生と生徒さんの交流、そして普段顔を合わせることの少ない先生とも。オープンから携わっているスタジオは愛着もひとしおです。



オーナーの玲子先生は、昔からの知り合いで、ヨガの先生としてはもちろん、多芸多才で人柄も含めてとても尊敬する女性です。
そんな玲子先生をはじめヨガホームのどの先生も勉強熱心でヨガにたいする情熱をもち、人柄も素晴らしい方ばかりです。今後ますます発展していくスタジオの応援をどうぞよろしくお願いします!







私の担当クラスは3月末日でいったんお休みとなります。来週(3/27〜)の各回が最終回になります。そのまま引き継いで頂くクラスと変更もありますので、スケジュールをご確認ください。
自分の担当クラスを離れるのはとても寂しいのですが、名残惜しいという想いと共に次のステップに進める私は幸せ者です。

私は主にマタニティヨガのクラスを担当してきました。赤ちゃんの誕生を報告してくださった方、妊娠出産という人生のビッグイベントに向かう中での喜びや不安を共有してくださった方、妊婦さんそれぞれがとても印象深く、あらためてクラスを担当できたことに感謝の気持ちを捧げたいと思います。

春らしさがます今の時期、春は私の産まれ月でもあって大好きな季節です。
春は別れや出会い、そして自分で決めて新たな環境や目標に向かう季節でもありますね。
これまで生きてきて、自分にとっての大きな変化をいくつか経験する毎に、自分の人生に「生かされていること」を実感しています。
いつも大きな出来事は、向こうから突然やってきました。
生きることは、自分の与えられた役割を精一杯やることの一言に尽きます。そのための土台は 健康な身体と心。目の前のことを一生懸命やっていれば、人生はいつでも私達に微笑みかけてくれます。

ここで思い出した、ドイツの文学者ヘルマン・ヘッセの言葉

私が人生を諦めて、自分一個の幸不幸などはどうでもよいと悟って以来、少なくとも人生は、私にやさしくしてくれるようになった。

2017年3月15日水曜日

ぜんぶを受け入れること

2017年がはじまり早2か月半。わたしにとって、昨年に続いて今年も変化の1年になりそうです。

先日ある生徒さんとお話ししていて、今と近い未来に向け自分のキーワードが降りてきました。「受け入れること」目の前に起こること、相手のことや自分自身の感情などなど、反発せず、戦わず、まるごと受け入れること。

わたし達は常に変化の中にありながら、とてもしばしば目の前の現実や人生の変化の流れに抵抗してしまいます。

受け入れることは、とても勇気がいることです。特に、自分にとって受け入れ難い現実や困難な経験であればなおさら。
そして、受け入れることは、ただ流れに任せ受け身でいるという意味ではなく、受け入れた上で、そこから次に何を選択していくかというところで、抵抗している時とは違った未来になっていくと思います。

インドでは、目や耳などと同様に、「心」も外側からの情報や刺激を受け取る感覚器官のひとつだと考えます。自然に心に浮かぶ良くない感情や怒りなどは、外部からの刺激に対する心の自動的な反応であると客観的に受け入れ、自分を批判したり罰したりすることのないように。自分の感情に対しても、過剰に反応せず、受け入れること。

最近のわたしのヨガや瞑想の練習は、心の働きに振り回されないための、心と(身体の)客観視、そして過去もふくめ自分の「感情を許すこと」に尽きます。

☆おまけ



お味噌汁は、「飲む点滴」と言われるほど、日本の気候風土と日本人の体質に合った食べ物だと思います。
わたしの出身地愛知県は味噌文化。生まれ育った三河地方で一般的なのが「八丁味噌」です。長期間の熟成を経た濃い茶褐色のお味噌は、豊かな香りと甘みがあって、このお味噌だけは絶対に欠かせません。
普段のお味噌に2〜3割位加えると、お味噌汁がご馳走になります。
旬のアサリで、八丁味噌のお味噌汁を作りました。お味噌の甘みとアサリの出汁が組み合わさってとても美味しかった。
ちょっと個性的なお味噌ですが、とてもおすすめです。